くらし情報『マネーのトリビア (13) 最近よく見かける「保険ショップ」、利用する際のコツは?』

2012年2月20日 08:45

マネーのトリビア (13) 最近よく見かける「保険ショップ」、利用する際のコツは?

マネーのトリビア (13) 最近よく見かける「保険ショップ」、利用する際のコツは?
駅前のショッピングセンターや商店街の中などで「保険○○」「ほけんの××」といった看板のお店を見かけること、ありますよね。

これは、保険ショップといわれる保険の代理店チェーンのお店です。

保険の新しい販売チャネルとして広く利用されるようになってきました。

生命保険はこれまで、職場や自宅へやってくる保険会社の営業職員を通して商品の提案を受け、契約するというスタイルが一般的でした。

ところが、オフィスのセキュリティーが厳しくなったり、昼間は留守の家庭が多くなったりして、このやり方はだんだん難しくなってきています。

こうした営業スタイルに代わって増えてきたのが、街なかにあって気軽に立ち寄ることのできる来店型の保険ショップ。

保険を販売する代理店ですが、保険の加入や見直しについて、たいていの場合は無料で相談に応じてくれるほか、家族構成や収入などから必要な保障額をパソコンで計算し、それに合った加入プランや見直しプランを作ってくれます。

必要があればそこで保険の契約ができ、契約したあとも、住所変更手続きや保険金の請求などに応じます。

保険ショップなら、営業職員が職場や自宅に何度もやってくることはなく、自分の都合のいい時間に出向いて行けます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.