くらし情報『蒸気機関車が走る!! 秋田県で、C61形20号機が秋田駅~東能代駅間を勇走!』

2012年9月27日 14:14

蒸気機関車が走る!! 秋田県で、C61形20号機が秋田駅~東能代駅間を勇走!

蒸気機関車が走る!! 秋田県で、C61形20号機が秋田駅~東能代駅間を勇走!
秋田駅~東能代駅間で蒸気機関車C61形20号機が「SLあきた路号」と題して走行する。

期間は10月20日(土)、21日(日)の2日間、1日1往復の運行。

車両編成はC6120+12系客車6両、全車指定席。

指定席料金は大人510円、子供250円。

指定席券の他に乗車券も必要。

全国のJR指定席券取扱い箇所で発売される。

発売開始は利用1か月前の10:00から。

発着駅は秋田、土崎、追分、大久保、羽後飯塚、井川さくら、八郎潟、鹿渡、森岳、東能代というルート。

片道全ルート乗車で約2時間強のSLの旅を楽しめる。

参考までに秋田駅~東能代駅までの料金は、大人1人乗車券と指定席券合わせて1,460円となる。

さらに「SLあきた路号」運行記念入場券セット(硬券)も販売される。

販売場所は秋田、土崎、追分、八郎潟、東能代の各駅で、料金1,050円。

10月20日に販売開始となり、販売総数2,000セットが無くなり次第、販売終了となる。

1人10セットまで購入可能。

C61形蒸気機関車は、昭和22年~24年にかけて製造された蒸気機関車。

通称「シロクイチ」。

デゴイチとして知られているD51形のボイラーを流用して製造された。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.