くらし情報『鳥取県倉吉市の歴史的町並みを仄かに照らす「山陰KAMIあかり」開催』

2012年9月24日 12:25

鳥取県倉吉市の歴史的町並みを仄かに照らす「山陰KAMIあかり」開催

鳥取県倉吉市の歴史的町並みを仄かに照らす「山陰KAMIあかり」開催
鳥取県倉吉市で地元産業の因州和紙を使用したあかりイベント、「山陰KAMIあかり」が開催される。

日時は11月10日(土)18:00~21:00まで。

場所は「山陰の小京都」と言われる倉吉市内の赤瓦・白壁土蔵群一帯。

「山陰KAMIあかり」は地域の伝統的産業である「因州和紙」を「あかり」の活用により引き立たせようというもの。

さらに、イベントやワークショップを通じて地元住民の意識を醸成し、「白壁土蔵群」など、町並みの保全につなげる狙いもある。

打吹玉川(うつぶきたまがわ)沿いに立ち並ぶ「白壁土蔵群」は江戸時代末期から昭和前期に至るまでの伝統的な町並みで、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定され、「美しい日本の歴史的風土100選」や、「かおり風景100選」にも選ばれている。

「白壁土蔵群」の特徴は、赤い石州瓦を葺いた屋根に、白い漆喰壁、黒の焼き杉板をほどこした美しいコントラスト。

打吹玉川にかかる石橋が落ち着いた雰囲気をかもしだす。

「山陰KAMIあかり」はそのような古風で風情のある街を舞台に行われる。

イベント内容は、因州和紙を使用したあかりの作品を全国公募し、その作品を町並みの中で展示、審査する「あかりアートコンテスト」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.