くらし情報『大分の九重”夢”大吊橋はあまりに絶景過ぎて足がすくむ!?』

2012年9月11日 12:35

大分の九重”夢”大吊橋はあまりに絶景過ぎて足がすくむ!?

これはアイスクリームを食べるしかないじゃないか。

この店が賑わっているのは、きっと私のような人が多いからに違いない。

ところで、道中の年配女性が気になったので、休憩がてら橋の担当者に聞いてみた。

―橋の中心で動けなくなった人はどうするのですか。

動けなくなった人は車いすで迎えに行きます。

月に1人か2人ぐらい、いらっしゃいます。

係の者が迎えに行き、歩いて帰ってくる方もいらっしゃいますね。

―足元の格子、怖くないですか。

ブラインドのようになっていて、斜めから見ると渓谷は見えませんが、真上からのぞくと見えるようになっています。

安全に上下左右360度の景色を存分に楽しんでいただける仕掛けです。

実はこの橋、「景色のきれいな場所に架けたら人が来るはずだ」と、九重町が命運をかけて架けたもの。

総工費に約20億円を投じたが、完成から数年で回収したというからすごい!夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の表情で多くの人を魅了しており、中には800回以上訪れているつわものまでいるという。

さて、揺れて怖いつり橋を一緒に渡ったふたりは恋に落ちる、との説がある。

高さ、長さともに日本一の九重“夢”大吊橋は、「つり橋効果」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.