くらし情報『モンベル、社会活動家に送る「モンベル・チャレンジ・アワード」の受賞者を決定』

2012年10月17日 18:37

モンベル、社会活動家に送る「モンベル・チャレンジ・アワード」の受賞者を決定

モンベル、社会活動家に送る「モンベル・チャレンジ・アワード」の受賞者を決定
アウトドアメーカーのモンベルは、「モンベル・チャレンジ・アワード」の第6回(2011年)・第7回(2012年)の受賞者を決定し、10日都内で授賞式を行った。

「モンベル・チャレンジ・アワード」とは、2005年に創設された賞。

自然を舞台に、人々に希望を与え、社会に貢献している活動家を応援するためのもの。

第6回の受賞者は、NPO法人「森は海の恋人」理事長の畠山重篤氏、第7回はNPO法人「手のひらに太陽の家プロジェクト」が受賞し、モンベル代表の辰野勇氏から賞が送られた。

第6回「モンベル・チャレンジ・アワード」を受賞した畠山氏は、NPO法人「森は海の恋人」の理事長を務めている。

同法人は、子どもたちを対象とした環境教育や自然環境保全などの活動を行っており、自然体験学習の開催や植林など、その内容は多岐にわたる。

畠山氏の職業は猟師。

猟師が植林活動をしている理由には、「カキなどの海洋生物のエサは植物プランクトンであり、そのプランクトンは森の養分によって育まれるため」といった背景があるからとのこと。

森が良くなれば海も良くなるという理由から、法人名である「森は海の恋人」も決まった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.