くらし情報『大分県別府にて、競輪場やお寺でひとっ風呂? 別府のユニーク温泉』

2012年10月19日 16:41

大分県別府にて、競輪場やお寺でひとっ風呂? 別府のユニーク温泉

大分県別府にて、競輪場やお寺でひとっ風呂? 別府のユニーク温泉
日本一の源泉数と湧出量を誇る大分県別府市では、市街地のあちこちに温泉が噴出している。

そのため、温泉施設の数は郵便ポストの数より多いとか。

そんな湯の街では「えっ、こんな所に?」という意外な場所に名湯がある。

というわけで、この街だからこそ出合えるユニーク温泉をレポートしよう。

別府八湯のひとつ「観海寺温泉」の入り口にあり、食事をした人は温泉に入れるという「焼肉慶松苑」。

温泉サービスは昭和54年(1979)のオープン時から。

元旅館だったという造りを生かし、温泉好きのご主人が手入れしてお客さんに開放している。

焼肉店の横にある風呂は、野趣あふれる岩風呂。

いざつかってみると、おお天国。

少し青みがかった湯はやさしくて気持ちよく、身体はポカポカ。

温泉成分で配管が詰まらないよう、コンディション維持にいつも汗を流すご主人の愛情も温かい。

●information 焼肉慶松苑 別府市南立石2062-1 続いて紹介するのは、観海寺温泉の背後、立石山の中腹にある「いちのいで会館」。

本業は仕出屋さんだが、店内で食事をすることもでき、食事した人は入浴もできるのだ。

温泉は食事したお客さんへのサービスという位置づけで、店を訪ねるとまずは風呂へどうぞと案内される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.