くらし情報『昭和の残像 鉄道懐古写真 (65) 「ナンバー・ロクゴー・アルバム」』

2012年11月5日 19:38

昭和の残像 鉄道懐古写真 (65) 「ナンバー・ロクゴー・アルバム」

昭和の残像 鉄道懐古写真 (65) 「ナンバー・ロクゴー・アルバム」
当連載も第65回となりました。

そこで今回、「65」が付く車両の写真を集めてみました。

題して、「ナンバー・ロクゴー・アルバム」。

まずはなんといっても「EF65」です。

現在でも、おもに貨物列車牽引に活躍するEF65。

1965(昭和40)年から製造が開始され、国鉄電気機関車史上最多となる308両が製造された、平坦線区向けの機関車です。

このため、当時の首都圏各線で、0番台一般型貨物用、500番台旅客用・貨物用、1000番台客貨両用の全4タイプを見ることができました。

2012年現在、定期運用につくEF65は、JR貨物新鶴見機関区に集中配置された約50両の1000番台PF形のみ。

最近では、2000番台への改番、1000番台若番機の休車など、その動向から目が離せない状況になっています。

「ナンバー・ロクゴー」続きましては「キハ65」。

1969(昭和44)年から1972年にかけて、約100両が製造された急行形気動車です。

特徴は、走行用500馬力の大出力エンジン1基を搭載したことで、180馬力エンジンを2基搭載したキハ58をはるかに上回るハイパワーを発揮したこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.