くらし情報『11月15日ボジョレー解禁! イオン・西友・ドンキなど各社のイチオシは?』

2012年11月13日 18:06

11月15日ボジョレー解禁! イオン・西友・ドンキなど各社のイチオシは?

11月15日ボジョレー解禁! イオン・西友・ドンキなど各社のイチオシは?
11月15日にボジョレー・ヌーヴォー解禁を迎えるにあたり、イオン、西友、ドン・キホーテは、今年販売する各社オリジナルの「ボジョレー・ヌーヴォー」を発表した。

イオンは「トップバリュ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー」を発売。

同商品は、特に優れた生産環境を備えた一部の産地だけが名乗ることを認められている「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー」として、国内初のPB(プライベートブランド)商品となる。

価格は680円より。

同社のワイン輸入を担っているコルドンヴェールのボジョレー・ヌーヴォー輸入量は、日本最大の110万本(750ml瓶換算)となった。

その感謝の気持ちと東北エリアの復興への願いを込め、本年直輸入するボジョレー・ヌーヴォー1本につき1円を岩手県・宮城県・福島県の被災地に寄付する。

西友では、オリジナル商品「ボジョレー・ヌーヴォー(750ml)」を、昨年の690円からさらに価格を下げ、650円で販売。

同商品は世界で最も権威あるワインの資格「マスター・オブ・ワイン」を持つ、フィリッパ・カールが監修する。

同社は今年よりハーフボトルのラインナップを拡充。

昨年に引き続きサンキュー(390円)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.