くらし情報『シンガポールの”ここまでやる!?”--『マリーナベイサンズ』の全貌が明らかに!』

2013年6月19日 08:45

シンガポールの”ここまでやる!?”--『マリーナベイサンズ』の全貌が明らかに!

シンガポールの”ここまでやる!?”--『マリーナベイサンズ』の全貌が明らかに!
今回は、マリーナベイサンズの全貌について触れたい。高級ホテルのマリーナベイサンズだが、一番安いタイプだと3万5,000円ほどで泊まることができる。日本と違い、部屋借りなので、2人で泊まれば1万7,000円くらいで済む。普通のサラリーマンでもプチ贅沢できるレベルだ。予約もインターネットから簡単にすることができる。

宿泊することの醍醐味はなんといっても、前回、シンガポールの”ここまでやる!?”の象徴として触れた、「ビルの上に乗った船」にあるプールに入ることができることだ。

「混み合っていてまともに泳ぐことはできないのでは?」と思われるかもしれない。だが、夜遅めのタイミングで行けばそうでもない。プールから見るシンガポールの豊かさの源泉である金融街の摩天楼の光景は、呆れるというレベルを超えて、「すごいな…」と息を呑んでしまうほどだ。ちなみに水着については自前で用意しなければならないし、着替える場所もないので、部屋で水着に着替え、バスローブを着てエレベーターで最上階に向かうほかない。

金融街とは反対の海の方向を見るとこれまた壮観で、無数の船が停泊している。沖待ちの船だ。かつては日本の神戸港などでも見られた光景だが、いまは中国・上海、韓国・釜山、そしてシンガポールなどに船を奪われてしまった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.