くらし情報『猫がお父さんよりもお母さんによくなつく理由』

2013年6月10日 13:15

猫がお父さんよりもお母さんによくなつく理由

猫がお父さんよりもお母さんによくなつく理由
猫を飼っている家庭では、父親よりも母親になつくことが多く見られます。その根拠がわかれば、猫と仲良くなるための方法として応用できることも。今回は、飼い猫が母親になつく理由について迫ってみましょう。

■猫は環境の変化を嫌う

「猫は人につかず、家につく」と言われることがあります。猫は常に同じ環境にいることに安心するため、引っ越しをしたり模様替えをしたりしただけでも大きなストレスとなります。

これは人間の出入りにも言えること。母親が専業主婦の場合は家にいる時間が長く、それゆえ必然的に猫と一緒にいる時間も長くなります。猫にとって慣れ親しんだ環境と言えるでしょう。逆に父親は日中仕事に行っているため、一時的に家にいる客人のように考えられてしまうケースもあります。

■猫は女性の声が安心する

女性の高い声やゆっくりした話し方は猫を安心させます。猫は警戒しているときやケンカをするときなどに低い鳴き声を出すため、男性の低い声はその鳴き声を連想させてしまい、不安に感じる猫も多いようです。

猫があまりなついてくれないというお父さん、話しかけるときは少し高めの声でチャレンジすると良いかもしれません。

■猫は人をみる

猫は近くによっても大丈夫な人、安心できる人などを見極めることができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.