2015年2月12日 11:00|ウーマンエキサイト

週1三時退勤で家族を犠牲にしない働き方を実現。『グッド・アクション2014』にみる、より良い職場づくりのヒント

仕事をしていくうえで、職場の環境というのはとても重要ですよね。少しでも気持ちよく、前向きに働ける環境にするためのヒントを、さまざまな企業の取り組みを紹介する『グッド・アクション2014』から知ることができそうです。

週1三時退勤、ランチに2時間。『グッド・アクション2014』にみる、より良い職場づくりのヒント
『グッド・アクション2014』は、企業が実施している人材育成やキャリア開発、社内コミュニケーションの活性化、社員のモチベーション向上などにつながる取り組みを募集し、紹介する企画です。その表彰式が、2月4日、時事通信ホールで行われました。

募集部門は、地域貢献、社内コミュニケーション、女性活躍促進、中途入社後の活躍促進、特別賞の5つ。当日は、リクナビNEXT内の「グッド・アクション2014」特設ページに掲載されている12の取り組みを行った企業の代表者が表彰されました。

女性活躍促進部門で、書類審査を通過したのは、子どもを思う社員の気持ちに寄り添った「週1三時」退勤の制度を設けた株式会社桃栗柿屋の「楽しいルール」と、日本ヒューレット・パッカード株式会社の「持続的な競争優位性を支える戦略的人事・組織マネジメントの在り方~ダイバーシティ/キャリア形成/社内コミュニケーション活性の取り組み事例~」のふたつでした。

株式会社桃栗柿屋は滋賀県を拠点に住宅リフォームや不動産業を展開する企業です。「家族を犠牲にしてまで仕事をすることを評価しない」という想いから、週1三時に退勤できるルールを設けました。このルールを一番喜んだのが子育てをしながら働く女性社員だったとのこと。不動産業は土日出勤もあり、そのために家族と過ごす時間がとれなくなり、転職を考える人もいたのです。

三時に退勤できることでそういった悩みも解決され、また早く帰宅するために仕事の効率を上げる努力をする人も多くなるというよい効果があったと言います。この取り組みは、女性が家庭と仕事を両立し、長く活躍できる環境を整えるために、ノー残業デーにとどまらず、三時退勤に踏み切ったというチャレンジ精神が高く評価されました。

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.