主婦が気軽に始められる現代の在宅ワーク事情

2015年9月29日 04:15
 

出産を機に退職し専業主婦になるも、ある程度子育てに慣れてくると、日々の生活に物足りなさを感じてしまう…。もちろんお金のため、という思いもありますが、家庭を持った女性が働きたい理由は、それだけではありません。

第一線で活躍していた女性であればあるほど、仕事を通して「自己を表現したい」という欲求は高いもの。

目次

・在宅勤務のイメージって?

© Monkey Business - Fotolia.com


しかし、運良く子どもを保育園に預けられたとしても、子どもが病気になった時に仕事を休みにくい、上司や同僚に気兼ねしてしまう、ハードワークをこなしながら、仕事と家庭を両立させる自信がないなど、悩みは尽きません。そんな葛藤を抱えた末、在宅勤務というスタイルを選ぶ女性たちが急増しています。

在宅勤務のイメージって?

一般的に、在宅勤務と聞いて、どのようなものをイメージされますか?「ひたすらデータ入力。しかも1件あたりの単価が安い」「登録時に料金を請求されて、ろくに仕事も紹介してもらえない」「ワーキングマザーに理解のある大手企業だけの話」といったように、ように、否定的なイメージを持つ人も少なくないかもしれません。

では、実際のところはどうなのでしょうか? 在宅での仕事を選んだ女性に、お話を伺ってみました。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.