2016年2月8日 04:15|ウーマンエキサイト

フランスのママに学ぶ、「働くママが抱える罪悪感」とのつきあい方

目次

・子どもに「あとでね」とばかりいってしまう。「時間をかけられていない」ことへの罪悪感
・「やりたいことをやるのは自分のわがままではないのか」という罪悪感
・仕事に時間をかけられない罪悪感
フランスのママは罪悪感をプラスに転じるように考えています

© pathdoc - Fotolia.com


子どもを預けて働いていると、独身のときには感じることはなかった罪悪感に悩まされることもあるでしょう。毎日頑張っている。それなのに褒められるどころか、責められているような感覚に陥る。そのせいで仕事のモチベーションだって下がってしまう。それはフランスのママも同じ。でも、フランスのママは罪悪感をプラスに転じるように考えています。

子どもに「あとでね」とばかりいってしまう。「時間をかけられていない」ことへの罪悪感

日本では「母親は自分の自由を犠牲にしてでも子どもにつきっきりになることが良いことだ」とされています。そのため罪悪感に苛(さいな)まれる人が多いです。しかし、一緒に居ないことは、本当に子どもにとって不利なことなのでしょうか?

そんな問いに、働くフランスのママの多くはこう答えます。
「生き生きと働いているところを見せるのがいいと思うわ。私が子どものお手本なのよ」

もちろん、フランスのママの中にも、日本人と同じように罪悪感に悩んできたママは多いです。子どもと一緒に居てあげたいという気持ちの葛藤はあるけれど、フランスでは経済的な理由で働かなくてはいけないケースが多いもの。そのため、どちらか一方を選択する自由もなく、頑張っている人もたくさんいます。
それでも、「女性でもこんなに立派に働ける」「生きがいがある人生は楽しい」。フランスのママは、働く自分の姿を子どもに見せることで、子どもたちが自分の将来をイメージしていけると考えているのです。

日本でも昔から「子どもは親の背中を見て育つ」と言われています。だから、フランスのママの言う通り、働いているママの姿自体が子どもにとっては学ぶことにつながるのかもしれませんね。

「やりたいことをやるのは自分のわがままではないのか」という罪悪感

「好きだからって理由で、子どもを置いて仕事するのって、ただのわがまま?」
「仕事をして家を空けている上に、息抜きに行っていいの?」

そんな悩みにもフランスのママたちはこう言うでしょう。
「子どもも大切だけど、一番大切なのはあなた自身よ」

やりたいことをやらないと精神的に良くないし、ママがイライラしていたら子どもにも悪い影響が出てしまいます。ムリして長時間子どもと居たあげく、「私はこんなに自分を犠牲にして、あなたたちに尽くしているのに!」と思ってしまうよりも、自分もやりたいことをやる。そして、心が安定した状態でいる。このほうが子どもにもきっといい影響を与えられるでしょう。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.