くらし情報『削ぎ落とされたシンプルさ。矜持を感じる「たちばな」のかりんとう【Today's omiya】』

2015年7月21日 14:30

削ぎ落とされたシンプルさ。矜持を感じる「たちばな」のかりんとう【Today's omiya】

「たちばな」のかりんとう

「たちばな」のかりんとう

毎日、編集部のオススメ商品を紹介する連載「Today’s item」番外編として、ファッション・ビューティ業界のプロが選ぶ“東京土産”をご紹介。季節の挨拶や帰省などでお手土産を用意する機会も多くなる季節。お遣いものに悩むことがあれば、目利き達が太鼓判を押す逸品リストを参考にして欲しい。

本日は、FASHION HEADLINEでも執筆を行うファッションジャーナリストの横井由利さんが推薦する、「たちばな」のかりんとう。「たちばな」は東京・銀座8丁目に店舗を構える。「引き戸を開けると、中は人が2、3人ほど入ると窮屈になるほど、こじんまりとした設え。左を見ると2種類のかりんとうが並べられているだけ。そうしたことから店主のこだわりと矜持を感じます」(横井さん)

たちばなで売られているのは、細い「さえだ」と太い「ころ」2種類のかりんとうのみ。「“食べる前から美味しいに決まっている!”を感じさせる」と横井さん。たっぷりと飴掛けされた外側はつやつや。ポピュラーなかりんとうの見た目はそのままに、口に運ぶと驚くほど軽やかで洗練された口当たりが特徴だ。

1種類のみなら朱色の丸缶に、2種をセットで贈れる角缶も用意されている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.