くらし情報『切り絵アーティスト尾関幹人の“重複×重複”という表現、新宿伊勢丹で初個展「OVERLAP」』

2015年10月3日 20:00

切り絵アーティスト尾関幹人の“重複×重複”という表現、新宿伊勢丹で初個展「OVERLAP」

切り絵アーティスト・尾関幹人の個展「OVERLAP」/「C9」(2015年)

切り絵アーティスト・尾関幹人の個展「OVERLAP」/「C9」(2015年)

切り絵アーティストの尾関幹人による個展「OVERLAP」が、10月7日から13日まで伊勢丹新宿店本館5階のアートギャラリーにて開催される。

尾関幹人は97年より独学で切り絵を始め、これまでに国内外で多数の展示を行ってきた切り絵アーティスト。伝統的な切り絵作品を作るのではなく、紙を切るという行為そのものから抽象的なイメージを紡ぎ出しており、複雑に切り、重ねられた紙の連なりによる新たな作品を生み出している。

伊勢丹新宿店において初開催となる同展では、“OVERLAP”をテーマに、絵柄のイメージを重ね合わせて“重複×重複”という表現をより複雑化させた作品の数々を展示。過去と未来、これまでに蓄積された技術と新しい技術といったコンセプトも内包した個展となっている。

また、YouTubeを始めとした動画共有サイトにて、超絶技巧の作品の制作過程を記録した動画を公開中。世界中で70万回以上の再生されている。

【イベント情報】
個展「OVERLAP」
会場:伊勢丹新宿店本館5階のアートギャラリー
住所:東京都新宿区新宿3-14-1
会期:10月7日~13日
新宿店営業時間:10:30~20:00(最終日の展示は18時終了)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.