くらし情報『エッシャー、名和晃平、森村泰昌らのトリックアートが集結!「不思議なアート トリック トリック ハッ!とトリック」展』

2016年6月8日 17:00

エッシャー、名和晃平、森村泰昌らのトリックアートが集結!「不思議なアート トリック トリック ハッ!とトリック」展

福田繁雄《Shigeo-Fukuda-Exhibition》1975(1987復刻)年東京国立近代美術館蔵

企画展「開館25周年記念 不思議なアート トリック トリック ハッ!とトリック」が、7月2日から8月28日まで、神奈川の平塚市美術館で開催される。私たちの視覚を司る「目」は、とても騙されやすく、遠近の関係性や上下左右を見間違えたり、あるはずだと思い込んでいるために、そこにないものが見えたりと、日常的に様々な錯覚にとらわれている。そして、この錯覚に着目した作家たちは、多様な工夫によって見る者をあざむき、楽しませる作品を制作してきた。本展は、視覚と固定化されたイメージに揺さぶりをかける、戦後の美術家たち29人の「トリック」に満ちた作品を紹介するもの。展覧会は、「虚と実をめぐって」「古典絵画への仕掛け」「オプ・イリュージョン」「リアリズムの諸相」という4つのキーワードによって構成される。会場では、エッシャーの《物見の塔》や名和晃平の《PixCell[Shoe#6(L)]》、森村泰昌の《肖像(ヴァン・ゴッホ)》をはじめ、高松次郎の《影No.294》、福田繁雄の《Shigeo Fukuda Exhibition》、福田美蘭の《見返り美人 鏡面群像図》、上田薫の《なま玉子J》、深堀隆介の《金魚酒 命名 紬》など、約80点の作品を展示。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.