くらし情報『神保町に書店・仕事場・喫茶店の新たな複合施設 「神保町ブックセンター with Iwanami Books」誕生』

神保町に書店・仕事場・喫茶店の新たな複合施設 「神保町ブックセンター with Iwanami Books」誕生

2018年3月26日 12:00
 

東京・神保町の旧・岩波ブックセンター跡地に、書店・コワーキングスペース・喫茶店の複合施設「神保町ブックセンター with Iwanami Books 」が4月に開業する。

関連リンク

・覆面ユニット「アムパム」、伊勢丹メンズでトークイベント! マンハッタン ポーテージ ブラックレーベル「B SALON」開催
・今じわじわ人気上昇中!ウエストバッグで作る最旬コーデ
・キンコン西野、30歳の時に購入した“誤算”のマイホーム公開「ゴッソリとリフォーム」

本の街として知られる神保町のランドマーク的な存在として、岩波書店が刊行する書籍を中心に、人文・社会科学系の専門書の取り揃えが充実している書店として長く親しまれていた旧・岩波ブックセンター信山社。2016年に惜しまれながら閉店した同店の跡地にオープンする本施設は、「未来の自分の種をまく。」がコンセプト。神保町を訪れる誰もが立ち寄って本を読み、その本を購入でき、さらにコーヒーや食事も楽しめる「本喫茶」と、本に囲まれた空間で仕事ができ、様々なテーマのイベントをきっかけに新しい知識や仲間に出会える「仕事場」とを複合させた施設。

1階の「本喫茶」店内には現行販売されている岩波書店主要出版物をご用意。日中は本が読めて買える喫茶店として、さらに夕方以降は本に囲まれながらゆっくりとお酒なども楽しめる場として営業する。また、本に囲まれた空間で集中して作業ができるワークラウンジと会議室、サービスオフィスといったコワーキングスペースを「仕事場」として提供。ワークラウンジでは、岩波書店の書籍に関するイベントのほか、著者を招いたトークイベント、ワークショップやスクール(連続講座)、読書会などを定期開催する。

アドバイザーに「NUMABOOKS」代表、下北沢「本屋B&B」共同経営者であるブック・コーディネイターの内沼晋太郎を迎え、新しい知識や発見との出会い、新しい仲間との出会いを促し、これからの時代を生き抜くための気づき・個人の成長のきっかけを提供することを目指す。

人口減少、高齢化AI時代の到来など、社会や価値観の変化に伴い、社会を生き抜くための「継続的な学び」と、学び・働く「仲間やコミュニティ」の重要性が増すこの時代に、本を中心に人々が集い、これからを生きるための新しい知識や仲間に出会える“本と人との交流拠点”になりそうだ。

【店舗情報】
神保町ブックセンター with Iwanami Books
住所:東京都千代田区神田神保町2丁目3-1 岩波書店アネックス1階・2階・3階
施設構成:1階 喫茶店・書店・ワークラウンジ、2階 会議室、3階 サービスオフィス・パーソナルデスク

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.