くらし情報『デザイナー深澤直人の選ぶ「民藝」の展覧会、六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催』

2018年9月14日 11:00

デザイナー深澤直人の選ぶ「民藝」の展覧会、六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催

東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTにて、プロダクトデザイナー・深澤直人がディレクションを行った「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」が、11月2日から翌2月24日まで開催される。

デザイナー深澤直人の選ぶ「民藝」の展覧会、六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催

1925年、民衆の用いる日常品の美に着目した柳宗悦が、無名の職人たちによる民衆的工芸を初めて「民藝」を名付けた。民藝の特徴でもある風土や風習を生かしたものづくりは、世代を超えて受け継がれていくなかで、素材・色・工程・用途・形などの独自性が際立ち、革新的で衝動的な、枠に捉われない創意工夫へと発展して行った。

地域ごとの特色が失われ、ものへの愛着が希薄になりがちな時代だからこそ、民藝に宿る無垢な美意識と精神性は使い手のみならず、ものづくりに携わるすべての人々に大きな衝撃を与え、新しいエネルギーを生み出すきっかけとなる。

デザイナー深澤直人の選ぶ「民藝」の展覧会、六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催
染付網目文角皿 中国 景徳鎮窯 明時代 17世紀〈日本民藝館蔵〉
同展では、21_21 DESIGN SIGHTのディレクターでもあり、日本民藝館館長を務める深澤直人が、同館の所蔵品を中心に、新旧さまざまな100点余りの民藝を選び抜き紹介する。

深澤氏は、「芸術家でも職人でもない人の無我な手から生み出されたものには、えも言われぬ魅力が潜んでいる。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.