くらし情報『ロンドンの街と文化に共鳴するジョン ローレンス サリバン、ますます存在感が増す【2020春夏コレクション】』

2019年6月18日 11:00

ロンドンの街と文化に共鳴するジョン ローレンス サリバン、ますます存在感が増す【2020春夏コレクション】

ロンドン・メンズ・コレクションが6月8日から10日に開催された。ベテランから中堅ブランドが発表のタイミングをウィメンズ時期へ移行したり、発表の場をパリへ移すといった動きに加え、ブレグジットの影響下でここ数シーズン同ファッションウィークは縮小傾向にある。それでも若手デザイナーによる力強さや、モードに熱狂する若者によって、今期も熱狂の中閉幕した。そんなロンドンメンズにすっかり定着しているのが、今回で6度目の参加となるジョン ローレンス サリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)だ。

ロンドンの街と文化に共鳴するジョン ローレンス サリバン、ますます存在感が増す【2020春夏コレクション】

デザイナー柳川荒士は2020年春夏コレクションを“Deeper Than Night”と銘打った。まず最初にキャットウォークに登場したのはルックではなく、ロンドンを拠点に活動するEBM(エレクトロニック・ボディ・ミュージック)バンド、ダイスピープル(DICEPEOPLE)だ。迫力のある生演奏をゴング代わりに、ショーがスタート。プレスやバイヤー、顧客から支持されるテイラードは今季もメンズ・ウィメンズともに、スクエアショルダーのコートやジャケットで豊富に登場した。バックやサイドがスナップボタンで開閉するディテールや、ファスナーで装飾したコートなどカットアウトのアイデアが光る。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.