くらし情報『恵比寿Longrain TOKYOが「美しい色彩」と「フレッシュなハーブ使い」を新コンセプトにモダン・アジアン・レストランとしてスタート』

2020年8月6日 08:00

恵比寿Longrain TOKYOが「美しい色彩」と「フレッシュなハーブ使い」を新コンセプトにモダン・アジアン・レストランとしてスタート

恵比寿Longrain TOKYOが「美しい色彩」と「フレッシュなハーブ使い」を新コンセプトにモダン・アジアン・レストランとしてスタート

恵比寿ガーデンプレイスタワー39階に店を構えるオーストラリア発のモダン・タイ・レストラン「Longrain TOKYO(ロングレイン トーキョー)」では、"spicy(辛さ)、sweet(甘み)、 sour(酸味)、salty(塩気)" の4つに加え、“色彩の美しさ”と“フレッシュなハーブ使い”を新コンセプトにモダン・アジアン・レストランとしてスタートいたします。

また、Longrain TOKYOは、モダン・アジアン・レストランとして、2020年7月16日より見た目にも鮮やかなシーズナルコースの提供スタートいたします。従来のシェアスタイルとは異なり、一人一人に盛り付けたコースは全9品で構成され、ソムリエ厳選のワインペアリングと共ににお楽しみいただけます。アルコールが苦手な方にはソフトドリンクのペアリングもご用意しております。

シーズナルコースは、季節感を重視した色彩豊かな食材にスパイスやフレッシュハーブをふんだんに使い、季節ごとにメニューを一新。ご来店のたびに新たな味わい、美しい彩りや香りが融合したメニューをお楽しみいただけます。夏のシーズナルコースには、「スパイシーポークとハーブのタルト」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.