くらし情報『新潟・朝日酒造の日本酒「久保田」から高知県産の本柚子を使用したブランド初のリキュールが登場』

2020年10月12日 22:00

新潟・朝日酒造の日本酒「久保田」から高知県産の本柚子を使用したブランド初のリキュールが登場

朝日酒造株式会社は、「久保田」ブランドとしては初となるリキュールの新商品『久保田 ゆずリキュール』を、2020年10月26日より出荷します。

新潟・朝日酒造の日本酒「久保田」から高知県産の本柚子を使用したブランド初のリキュールが登場

リキュールは、酒類業界が厳しいなか出荷量を伸ばしており、特に若年層やあまりお酒に強くないお客様にも選ばれています。今回、日本酒を飲む機会が少ない若年層を主なターゲットに、日本酒の楽しみ方を知っていただく狙いで発売。フレーバーには、日本酒と相性のよい柑橘系の中でも、海外でも日本食材として人気が高まっているゆずを選び、フルーティーでありながら「久保田」らしいキレを活かした、果汁感と日本酒感のバランスがよいリキュールに仕上げました。

『久保田 ゆずリキュール』のゆずは、高知県の中でも、そのままの姿で出荷する「玉ゆず」をメインとする唯一の地域で、日本一の出荷量を誇る物部地区や嶺北地区産の「本柚子」を使用。ゆず本来の香りが強く、果汁は酸味が強いのが特長です。その本柚子を皮ごと優しく搾り、搾汁率をおさえることで、酸味や苦味が少なく甘味を感じられるように仕上げた果汁を使用。穏やかな香りとやさしい酸味の『久保田 千寿 純米吟醸』をベースにすることで、ゆず本来の爽やかな香りとほのかな甘味を引き立てています。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.