くらし情報『日本三大花火競技大会「第71回伊勢神宮奉納全国花火大会」日本屈指の花火師が約9,000発を打ち上げ』

2023年6月26日 11:50

日本三大花火競技大会「第71回伊勢神宮奉納全国花火大会」日本屈指の花火師が約9,000発を打ち上げ

日本三大花火競技大会「第71回伊勢神宮奉納全国花火大会」日本屈指の花火師が約9,000発を打ち上げ

「第71回伊勢神宮奉納全国花火大会」が、三重県伊勢市宮川河畔にて、2023年7月15日(土)に開催される。

日本三大競技花火大会が4年ぶりに開催
1953年に斎行された第59回神宮式年遷宮を記念してスタートした「伊勢神宮奉納全国花火大会」は、神宮に花火を奉納する唯一無二の大会。2023年に行われる「第71回伊勢神宮奉納全国花火大会」は、2019年以降4年ぶりの開催となる。

日本三大競技大会である本大会には、北は秋田県、南は鹿児島県と、全国各地から選抜された花火師たちが集結。花火を神宮に奉納し神都伊勢の夜空に打ち上げることで、日々の研鑽の成果を発揮する場となっている。

競技部門は、各花火師が5号玉(直径約15cm)3発、10号玉(直径約30cm)1発を順に放揚する「打上花火の部」と、様々な花火がリズミカルに打ち上がる「スターマインの部」で構成され、約9,000発が打ち上がる。競技大会ならではの芯入り花火や創造花火に注目だ。そしてフィナーレを飾るのは、迫力満点のワイドスターマイン。
感動のラストをぜひ味わってみては。

【詳細】
「第71回伊勢神宮奉納全国花火大会」
日時:2023年7月15日(土)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2023 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.