くらし情報『東京駅八重洲口に約200mのクリスマスインスタレーション、光を乗せた列車が走り出す』

2016年10月30日 16:00

東京駅八重洲口に約200mのクリスマスインスタレーション、光を乗せた列車が走り出す

東京駅八重洲口に約200mのクリスマスインスタレーション、光を乗せた列車が走り出す

東京駅八重洲口「GRANROOF(グランルーフ)」のペデストリアンデッキと八重洲口駅前広場を幻想的に彩るインスタレーション「東京駅グランルーフ Light on Train」が開催される。期間はクリスマスシーズンの2016年12月1日(木)から25日(日)まで。

2012年より展開している、東京駅八重洲側のクリスマスインスタレーション。例年、グランルーフから放たれる幻想的な光で、東京の冬の夜を彩ってきた。2016年は、新たなコンテンツに生まれ変わり、クリスマスシーンをさらに盛り上げる。

クリエイティブディレクションは、独自の世界観、映像美を確立し、革新的な作品を国内外で発表し続けている、ビジュアルデザインスタジオ「WOW(ワウ)」が担当。全長約200mに及ぶグランルーフ全面をキャンバスにし、インタラクティブ性のある壮大なインスタレーション作品を制作する。コンセプトは「光」を乗せた列車。運ばれてきた『光の花』が漂うファンタジーな空間が広がる。

エリアは、「照明演出エリア」「インタラクションエリア」「映像演出エリア」の3つ。それぞれが最新の映像・照明装置を用いた光の空間になり、物語性を感じさせる影絵をモチーフとした場所も。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.