くらし情報『ナイキ、“エア”搭載フットウェアのエキシビション開催 - 最新モデル「エア ベイパーマックス」も』

2016年10月31日 19:20

ナイキ、“エア”搭載フットウェアのエキシビション開催 - 最新モデル「エア ベイパーマックス」も

ナイキ、“エア”搭載フットウェアのエキシビション開催 - 最新モデル「エア ベイパーマックス」も

ナイキ(NIKE)が“エア”搭載フットウェアのエキシビションを、東京・青山で開催されるクリエイティブの祭典「TOKYO DESIGN WEEK 2016」で開催する。

ナイキの“エア”シリーズは、1977年に航空宇宙工学のエンジニアだったフランク・ルディが、ランニングシューズにエアを搭載する方法を発見し、サンプルを見せにナイキを訪ねたことが発祥だ。フルレングスのエア バッグをランニングシューズに搭載したモデルを皮切りに、その後ヒール エアやズーム エア、エア マックス 360 エアなど、形や機能を変えながら進化を遂げてきた。

出展ブースでは、登場以来進化を遂げる“エア”に焦点を当てた展示「POSSIBILITY OF AIR」を設置。「AIR INFINITY(AIR の無限の可能性)」をテーマに、エア バッグを6つのユニットに分け、各エアを搭載したフットウェアを年代で時系列に並べ、その多様性と進化を革新やデザインの観点から表現する。

最後のシェルには、日本初披露となる最新モデル「エア ベイパーマックス(AIR VAPORMAX)」も展示される。最新エアバッグを搭載した同スニーカーは、ミッドソールをなくし軽量化したデザインにより、フレキシブルな着心地が特徴となっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.