くらし情報『ハナエモリ マニュスクリ 2018年春夏コレクション - 絶え間ない流れの中で見たエレガンス』

2017年10月22日 18:15

ハナエモリ マニュスクリ 2018年春夏コレクション - 絶え間ない流れの中で見たエレガンス

ハナエモリ マニュスクリ 2018年春夏コレクション - 絶え間ない流れの中で見たエレガンス

ハナエモリ マニュスクリ(Hanae Mori manuscrit)の2018年春夏コレクションが、東京・表参道ヒルズで2017年10月19日(木)に発表された。

「Flux」をテーマにした今季。流道、流転、絶え間なく流れ続けるというという意味を持つこの言葉を、デザイナーの天津憂は、自身のブランドにはぴたりと当てはまるという。彼はランウェイの上で、このテーマに沿う2つのシーンをみせてくれた。

ひとつめは、序盤に現れたスタイル。ハナエモリ マニュスクリらしからぬ“物静かな”ルックが目立ったように感じる。裾がほんのり揺らぐサマーツイードのスカート、幾重かに重ねた細いベルトで絞めるシアーな素材のワンピース。際立つ色柄はほとんどなく、ドレープやギャザーがメインの装飾で、特徴的だったのは、ベルトや肩まで垂れ下がった大きなイヤーアクセサリーだ。流れるような落ち感のファブリックを背景にしたそれらは、今シーズンの「Flux」を語るにふさわしい。

なぜなら、重力に逆らわずに落ちるフリンジやタッセルのディテールは、歩けばまるでエレガンスを主張するかのように揺れるが、足を止めれば、ただまっすぐに存在する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.