くらし情報『ロエベ 2018-19年秋冬コレクション - 上質な生活は彼女の審美眼から生まれる』

ロエベ 2018-19年秋冬コレクション - 上質な生活は彼女の審美眼から生まれる

2018年3月7日 01:30
 

関連リンク

・今っぽ大人カジュアルに必要なのは【トレンドパンツ×スニーカー】だけ!
・ハンティング・ワールド 2019年春夏コレクション - 創作は航海の旅のように
・ホワイト系デニムスカートを着回す☆大人きれいめ&カジュアルな爽やかコーディネート15選
ロエベ 2018-19年秋冬コレクション - 上質な生活は彼女の審美眼から生まれる

ロエベ(LOEWE)の2018-19年秋冬ウィメンズコレクションが、フランス・パリで2018年3月2日(金)に発表された。

今シーズンのロエベウーマンは上質な生活を送る知的な女性。持ち物、装いを華美に飾るのではなく、本当にいいものを選択し落ち着きのある生活をおくる女性。そんな女性像にふさわしいワードローブを揃えている。

第一印象はデイリーに取り入れやすい、カジュアルさをはらんでいるという印象。ばさっと羽織れるオーバーコートやシンプルなニットトップス、アースカラーに染め上げたジャケットなど“いやらしい派手さ”のないものが揃っているからだ。

しかしながら、襟、袖口、ポケットなどディテールに着目すると、クラフツマンシップが光る繊細なデザインが多いのがわかる。ドレスやシャツの袖口からたらりと伸びたリボンは、ロエベらしいアシンメトリーなシルエットを作り出しているし、ポケットの縁を彩るレザーのパイピングはレザーへの造詣の深さを具現化しているように見える。

また、気品あふれる女性をミューズとしているからだろうか、センシュアルな一面も散りばめられている。2種類のチェック柄を組み合わせたロング&リーンなドレスは、テキスタイルを細かくパッチワークしてウエストをシェイプ。千鳥格子柄のドレスは、ボリューミーなファー装飾と並んでブラトップがテキスタイルの上から顔を出している。

また今季は、日本人アーティストとコラボレーション。人間の身体などをモチーフに独創的な作品がコレクション会場には並んだという。この作品からインスピレーションを得て、カラフルなニットディテールを洋服に配した。ドレスやニットの途中に、色鮮やかな毛糸をくるくると巻いたニッティングパーツがあしらわれている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.