くらし情報『トクコ・プルミエヴォル 2018-19年秋冬コレクション - 原点であるパリに想いを馳せて』

トクコ・プルミエヴォル 2018-19年秋冬コレクション - 原点であるパリに想いを馳せて

2018年3月25日 18:05
 

トクコ・プルミエヴォル 2018-19年秋冬コレクション - 原点であるパリに想いを馳せて

トクコ・プルミエヴォル(TOKUKO 1er Vol)の2018-19年秋冬コレクションが、2018年3月22日(木)に東京・渋谷ヒカリエにて発表された。

テーマは"パリ"
2019年、ブランド創立30周年を迎えるトクコ・プルミエヴォル。そんなアニバーサリーコレクションにデザイナー・前田徳子が選んだテーマは"パリ"だ。毎シーズン、旅先や世界各国の民族衣装などからインスピレーションを得るという前田だが、今季は原点に立ち返り、自分の住む街"パリ"をモチーフに楽しく自由なスタイルを展開していく。

カフェのギャルソンがお出迎え
ファーストルック、出迎えてくれたのはパリの街に欠かせない"カフェ"のギャルソンルック。ラッフルシャツにエプロンを思わせるスカートを合わせた2人のマドモアゼルが、足取り軽く、観る者を街へと招きいれてくれる。

トリコロールのドレス群
続いて現れたのは、赤・青・白のトリコロールのドレス群。パリを象徴するエッフェル塔、サクレクール寺院といったシンボルは、アップリケやプリントに姿を変えてドレスを鮮やかに彩っている。

ニキ・ド・サンファルを想起させるプリント
黒いキャンバスの上で本領を発揮するのは、パリを代表するアーティストや、映画スターをモチーフにしたクリエーション。黒をベースにしたトップス、パンツ、ドレスには、ニキ・ド・サンファルの世界観を想起させるポップなイラストがプリントされた。

ブリジッド・バルドーをドットで表現
ブリジッド・バルドーのスタイルからインスパイアされたのは、モノトーンの水玉プリント。ドットは集合体になることで瞳や唇といった彼女の表情をリアルに映し出し、モノクロのレンズを通した写真のように感じられた。

30周年を祝したハートのTシャツ
クライマックスに近づくと、鮮やかなカラーパレットが戻ってくる。再び姿を現したトリコロールのドレス群には、さきほどとは異なる刺繍のフラワーが咲き誇る。ラストは30周年を祝したハートがアクセントのボーダートップスに、チュールスカート、ベレー帽を合わせたパリジェンヌたちと手をつないで前田が登場。会場は拍手の渦に包まれた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.