くらし情報『展覧会「KIRE・KIRE・TEN –現代の民族衣装-」が池袋パルコで、ハトラなど20ブランドが参加』

展覧会「KIRE・KIRE・TEN –現代の民族衣装-」が池袋パルコで、ハトラなど20ブランドが参加

2018年3月26日 17:15
 

関連リンク

・中央線沿線のパン屋が大集合! GWにルミネ荻窪の屋上で「あおぞら文化祭」開催
・手抜きに見えない!シンプルコーデを、パリジェンヌはどう着こなす?
・【プチプラ】ワンピース&サスペンダースカートを賢く着回そう♪コーデが広がるおしゃれな着こなしをご紹介!

展覧会「KIRE・KIRE・TEN -現代の民族衣装-」が2018年4月6日(金)から4月23日(月)の期間で池袋・パルコミュージアムにて開催される。

「KIRE・KIRE・TEN -現代の民族衣装-」は、ファッションデザイナーと繊維企業、工場のコラボレーションによって展開される展覧会。モード・ファッションの分野で活躍するブランドや、本企画でデビューする新進ブランドまで20ブランドが参加する。

参加するブランドは、ハトラ(HATRA)や、ミキオサカベ(MIKIO SAKABE)、パーミニット(PERMINIUTE)、リョウタムラカミ(RYOTA MURAKAMI)など。デザイナーたちは、日本国内の産地工場の協力を得て、素材そのものに深くフォーカスした「現代の民族衣装」を制作。絞り染め、ニードルパンチ、プリント、横編みなど様々な手法によって素材の持ち味を活かした個性的な作品が展示される。

また、会場内ショップでは、作品制作に使用された布地を用いたバッグなど、展覧会オリジナルグッズの販売も予定している。

【詳細】
「KIRE・KIRE・TEN -現代の民族衣装-」
開催期間:2018年4月6日(金)~4月23日(月)
開催時間:10:00~21:00
会場:池袋パルコ 本館7階 パルコミュージアム
住所:東京都豊島区南池袋1-28-2
入場料:一般 500円、学生 400円
※入場は閉場の30分前まで。※最終日は18:00閉場。※小学生以下入場無料

<参加ブランド>
ハトラ(HATRA)、コトナ(KOTONA)、ミキオサカベ(MIKIO SAKABE)、パーミニット(PERMINIUTE)、リョウタムラカミ(RYOTA MURAKAMI)、ソウシオオツキ(SOSHI OTSUKI)、アンナコジマ(ANNAKOJIMA)、アヤツネミ(ayatsunemi)、バードマン(BIRDMAN)、チハルエガミ(CHIHARUEGAMI)、フミク(Fumiku)、ヒロコハセガワ(HIROKOHASEGAWA)、イムトゥエ(LIMTWEA)、マイモリ(maimori)、メデタシー(medetasy)、ナツコエンドウ(natsucoendo)、ピテカン トロプス(PITECAN THROPUS)、リコール(Re:quaL≡)、セイランツノ(Seiran Tsuno)、渡辺未来

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.