くらし情報『メミューズ 19年春夏コレクション- でんぱ組.inc 相沢梨紗がつくる”ラッピング”のような服』

2018年10月23日 16:45

メミューズ 19年春夏コレクション- でんぱ組.inc 相沢梨紗がつくる”ラッピング”のような服

メミューズ 19年春夏コレクション- でんぱ組.inc 相沢梨紗がつくる”ラッピング”のような服

メミューズ(MEMUSE)の2018-19年春夏コレクションが2018年10月20日(土)、渋谷・ヒカリエにて発表された。

現役アイドル・でんぱ組.incのメンバーであり相沢梨紗が手がけるメニューズの今シーズンは、肌色の下着のような服を纏った女性たちが何人も地面に座り、不思議な空気感が流れる会場で行われた。

”ラッピング”のように女性を包み込む洋服
今シーズンのテーマは「ラッピング」。花やプレゼントなどで大切なものを包むように、女性を包み込むような洋服を提案した。オーガンジーやシフォンなど、様々な生地にラミネート加工をした素材を使用し、まるでラッピングするようにふわりと空気を含んだボリューミーなシルエットを作り上げている。

ラミネート加工した素材でスリーブやスカートをボリューミーに膨らませたドレスは、まさに身体が包装されているよう。透き通る素材から、中に重ねたフリルのドレスが覗く。スカートやトップス、ジャケットまで、すべてラミネートされた素材で表現したルックも登場した。ツルリと軽やかな素材感と、ブラックのミニスカートやトップスのエッジーな雰囲気が、コントラストを生んでいる。

「どこかの星に住むお姫様」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.