くらし情報『ソニーのハイレゾ対応サウンドスピーカー「LSPX-S2」有機ガラス管が奏でるクリアな音色』

2019年3月3日 11:55

ソニーのハイレゾ対応サウンドスピーカー「LSPX-S2」有機ガラス管が奏でるクリアな音色

ソニーのハイレゾ対応サウンドスピーカー「LSPX-S2」有機ガラス管が奏でるクリアな音色

ソニー(SONY)よりハイレゾ対応サウンドスピーカー「LSPX-S2」が登場。2019年3月16日(土)より発売される。

「LSPX-S2」は、スピーカー本体を中心に360度に広がる音を実現。有機ガラス管全体を震わせて音波を発生させる技術「アドバンスド バーティカル ドライブ テクノロジー」を搭載し、まるで生演奏のようなクリアな音色を再現する。

本体は、上部の高域用の有機ガラス管型トゥイーター、中部の中域用の35mmウーファー、底部の低域用のパッシブラジエーターで構成。管全体が円筒状の音源になるため、離れた場所でも音圧が弱まりにくく、迫力のある音で空間を満たしてくれる。

また、最大約8時間再生可能な内蔵バッテリーを備え、ステレオミニジャックを使った有線接続やBluetooth接続に加えてWi-Fi接続にも対応。Wi-Fi経由で、ホームネットワーク上のデバイスに保存した音楽ファイルを再生できるほか、最大10台までのデバイスの同時接続が可能となっている。

住空間に馴染む佇まいを目指した、こだわりの形状や素材、色もポイント。有機ガラス管の明るさは32段階調節できるほか、ろうそくのように光がゆらぐキャンドルライトモードに設定可能。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.