くらし情報『ロエベの新旗艦店「カサ ロエベ 東京」銀座並木通りに誕生、新作バッグやウェアをアート展示と楽しむ』

2019年11月10日 18:10

ロエベの新旗艦店「カサ ロエベ 東京」銀座並木通りに誕生、新作バッグやウェアをアート展示と楽しむ

ロエベの新旗艦店「カサ ロエベ 東京」銀座並木通りに誕生、新作バッグやウェアをアート展示と楽しむ

ロエベ(LOEWE)の銀座並木通り店跡地に、クリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソン監修の新店舗「カサ ロエベ 東京(CASA LOEWE Tokyo)」が、2019年11月16日(土)にオープンする。

アートコレクターの“家(CASA)”のような空間
「カサ ロエベ」は、ロエベの全ての店舗の基礎を成し、そのカルチャーを示すもの。通常の店舗とは異なり、店内には、ロエベのアートコレクションから選ばれた芸術作品、工芸品、およびデザインが、レディ・トゥ・ウェア、バッグ、レザーグッズなどと共にちりばめられる。

アットホームな雰囲気と相まったその空間は、まるでコレクターの“家(CASA)”にいるようだ。

ウェアやレザーアイテムとともに並ぶアートの数々
2フロアで構成される「カサ ロエベ 東京」では、スペイン人アーティストのグロリア・ガルシア ロルカによるミューラルのインスタレーション2点を展示。また、各フロアには、ジョージ・ナカシマの《コノイド・クッション》チェア、ジム・パトリッジのベンチ、アクセルヴェルヴォールトの《フローティング・ストーン》コーヒーテーブルなど近代家具も置かれる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.