くらし情報『「TAGBOAT × 百段階段」展がホテル雅叙園東京で、文化財と新進気鋭現代アートが繋がる』

2020年8月7日 11:05

「TAGBOAT × 百段階段」展がホテル雅叙園東京で、文化財と新進気鋭現代アートが繋がる

「TAGBOAT × 百段階段」展がホテル雅叙園東京で、文化財と新進気鋭現代アートが繋がる

「TAGBOAT × 百段階段」展 ~文化財と出会う現代アート~が、2020年9月11日(金)から10月11日(日)まで、ホテル雅叙園東京内東京都指定有形文化財「百段階段」にて開催される。

新進気鋭の現代アート×文化財
アジア最大のオンラインギャラリーを運営する、タグボート(TAGBOAT)が百段階段を舞台にアートイベントを開催。絵画、写真、デジタル作品、立体作品など、幅広い表現力を持つ新進気鋭の作家を集め、アートの合同展示を行う。

“持ち帰れるアート”も
また、一部の企画作品は“持ち帰れるアート”として購入することが可能。創り手と来場者が作品を通じて出会う、未来を担った展示構成となっている。

昭和、平成、令和のアートが繋がる
会場は、東京都指定有形文化財「百段階段」。昭和10年に建てられ、ホテル雅叙園東京内では、唯一の現存する木造建築だ。99段の階段廊下で結ばれた各部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、建設当時屈指の画家や大工によって創り上げられた美の世界が広がっている。

この文化財を舞台に行う「TAGBOAT × 百段階段」展では、昭和、平成、令和と時代を超えてアーティスト同時がつながる、唯一無二のアートのコラボレーションを体感できるだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.