くらし情報『「ロバート・ハインデル展」代官山ヒルサイドフォーラムで、バレエを描いた“現代のドガ”の油彩画』

2020年8月21日 14:10

「ロバート・ハインデル展」代官山ヒルサイドフォーラムで、バレエを描いた“現代のドガ”の油彩画

「ロバート・ハインデル展」代官山ヒルサイドフォーラムで、バレエを描いた“現代のドガ”の油彩画

「ロバート・ハインデル展 没後15年 ― 心の絆―Let Art Heal Your Soul」が、2020年8月18日(火)から30日(日)まで、代官山ヒルサイドフォーラムにて開催される。

ロバート・ハインデルは、“現代のドガ”とも評されたアメリカを代表するアーティスト。バレエダンサー達のストイックなまでの美への追求に感動したハインデルは、1980年代以降、バレエを描く画家として数々の名作を生み出し、世界各国の有名ギャラリーや美術館で個展を開催した。ミュージカル「キャッツ」「オペラ座の怪人」を描いたことでも知られている。

また、ダイアナ妃やモナコ・キャロライン王女もハインデルの作品をこよなく愛していたとされ、世界のセレブリティがコレクターとして名を連ねている。

本番の成功への祈り、男女のダンサーの互いの信頼、新しい踊りへの挑戦、向上へのたゆまぬ努力などを表現したハインデルの作品に表現されているのは、普遍的な人間の矜持だ。「ロバート・ハインデル展 没後15年 ― 心の絆―Let Art Heal Your Soul」では、ハインデルが生前に描いた約1500点の油彩画から、祈りや信頼、絆などが表れている作品を厳選して展示する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.