くらし情報『東京都写真美術館で「TOPコレクション 琉球弧の写真」- 沖縄を代表する写真家の作品206点を紹介』

2020年10月1日 18:55

東京都写真美術館で「TOPコレクション 琉球弧の写真」- 沖縄を代表する写真家の作品206点を紹介

東京都写真美術館で「TOPコレクション 琉球弧の写真」- 沖縄を代表する写真家の作品206点を紹介

展覧会「TOPコレクション琉球弧の写真」が、東京都写真美術館にて、2020年9月29日(火)から11月23日(月・祝)まで開催される。

沖縄を代表する写真家を網羅的に紹介
温暖な気候や風土、そして古くから続く歴史を背景に、独自の文化を育んできた沖縄。そこに暮らした写真家たちは、市井の人びとの生活や、沖縄全体を揺り動かした日本への復帰運動、そして古来より各地に伝わる祭祀などにレンズを向けてきた。

「TOPコレクション琉球弧の写真」は、これまで沖縄県外の公立美術館で紹介される機会が少なかった、沖縄を代表する写真家の作品を網羅的に紹介する展覧会だ。東京都写真美術館のコレクションから、沖縄の写真家7人による1950年代以降の多彩な表現を取り上げる。

豊かさと困難
本展では、山田實、比嘉康雄、平良孝七、伊志嶺隆、平敷兼七、比嘉豊光、石川真生の7人の写真家が出品。かれらは、沖縄だけでなく、奄美群島から八重山列島にかけて連なる島々“琉球弧”全体を見据え、この地に固有な豊かさだけでなく、人びとが直面した困難までをも写しだしたのだ。

沖縄というと、まばゆい光に照らされる海や空の風景といった明るい情景が確かに思い浮かぶ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.