くらし情報『ベースマーク 2021-22年秋冬コレクション - 西洋の伝統といまの東洋が交差する先に』

2021年3月19日 20:55

ベースマーク 2021-22年秋冬コレクション - 西洋の伝統といまの東洋が交差する先に

ベースマーク 2021-22年秋冬コレクション - 西洋の伝統といまの東洋が交差する先に

ベースマーク(BASE MARK)の2021-22年秋冬コレクションが、2021年3月16日(火)デジタルショーにて発表された。

西洋の伝統といまの東洋が交差すると…
今シーズン、デザイナー金木志穂の心を捉えたのは、神戸や横浜など、海外のカルチャーが残る旧居留地。国内にいながらも異国情緒を感じられる旧居留地のムードにインスピレーションを得て、洋服の世界で文化の融合を図る。ミックスしたのは、クラシカルな西洋のムードとモダンな東洋のカルチャー。

クラシックをモードに遊ぶ
デザインの基盤は、金木志穂が得意とするクラシックをモードに遊ぶアプローチ。ダッフルコートやパンツスーツ、センタープレスドパンツ、プリーツスカートなど、王道のスタイルを素材・シルエット・ディテールアレンジを加えて、脱定番のスタイルへと昇華させる。

例えば、コットンウールツイルのダッフルコートは、トグル仕様のベーシックな前身頃を保持しながらも、サイドや後身頃には、花模様のバイルジャガードをかませて、ドレスのような華やかさをプラスした。

本来は、女性らしい印象のプリーツスカートも、流れるようなラインをあしらったり、アシンメトリーな斜めの切り替えを行うことで、スポーティーなピースへとアップデートしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.