くらし情報『HARE 2021年秋冬コレクション - まるで“着るアート”カラフルピースをアンバランスに着る』

2021年3月22日 16:25

HARE 2021年秋冬コレクション - まるで“着るアート”カラフルピースをアンバランスに着る

HARE 2021年秋冬コレクション - まるで“着るアート”カラフルピースをアンバランスに着る

HARE(ハレ)の2021-22年秋冬コレクションが、2021年3月19日(金)デジタル形式で発表された。今シーズンは、メンズ・ウィメンズの最新コレクションに加えてサンプルを再利用したライン「re(アールイー)」の新作も交えて披露している。

「共鳴」をテーマに
シーズンテーマは「Resonate-共鳴-」。日々の中で感じた思いやエネルギーは、発信することで人から人へと伝わり、さらにその振動から生まれた“ズレ・ブレ”が、新しい価値を生み出す。そんな一連の流れをコンセプトに、今季は洋服づくりを進めたという。

“着るアート”のようなカラフルピース
コレクションでは、アートのエッセンスをデザインに落とし込み、シャープな服作りを行うHAREならではのアプローチが散見された。抽象絵画を思わずマーブル模様やグラデーションカラーなどが多用され、イエローやレッド、ピンクなどエネルギッシュなカラーで大胆に描かれている。

ハイネックのニットには、インクが飛び散ったかのようなアグレッシブなモチーフがあしらわれ、ロングコートには、線画のように緻密な模様が全面に施されている。

遊び心あふれる“アンバランス”なシルエット
シルエットは、遊び心たっぷりのアンバランスさがポイント。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.