くらし情報『A24製作のスリラー映画『ライトハウス』謎めいた孤島、灯台主たちの狂気と幻想を描く』

2021年3月26日 17:00

A24製作のスリラー映画『ライトハウス』謎めいた孤島、灯台主たちの狂気と幻想を描く

A24製作のスリラー映画『ライトハウス』謎めいた孤島、灯台主たちの狂気と幻想を描く

A24製作によるスリラー映画『ライトハウス』が、2021年7月9日(金)にTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

絶海の孤高、ふたりの灯台主によるスリラー作品
『ライトハウス』は、謎めいた孤島にやって来た“2⼈の灯台守”が主人公。突然の嵐によって外界から遮断され、徐々に狂気と幻想に侵されていく⼈間の極限状態を恐ろしくも美しい映像で描いたスリラー作品だ。

実際に、1801年にイギリス・ウェールズで実際に起きた事件がベースになっている本作は、ほぼ全編に渡って、この2人の灯台主しか登場しない異例の演出が特徴。年かさのベテランであるトーマス・ウェイク役を『永遠の門 ゴッホの見た未来』の名優ウィレム・デフォー。また未経験の若者イーフレイム・ウィンズロー役を、‟新バットマン”の決定や『TENET テネット』で注目を集めているロバート・パティンソンがそれぞれ務める。

モノクローム映像が映す映像美
さらに映画は、アカデミー賞にもノミネートされた“シネマティックな映像美”も見どころだ。より人間の感情を際立たせるモノクローム映像や、かつてサイレント映画の時代に隆盛を誇っていたスタンダードサイズのスクリーンは、緊迫感を増大させるこだわりの音響も相まって、“絶海の孤⾼”という極限状態をよりパワフルに表現している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.