くらし情報『映画『大いなる自由』二次大戦後のドイツ、“愛する自由”を求め不条理な法と闘う同性愛者の男を描く』

映画『大いなる自由』二次大戦後のドイツ、“愛する自由”を求め不条理な法と闘う同性愛者の男を描く

映画『大いなる自由』二次大戦後のドイツ、“愛する自由”を求め不条理な法と闘う同性愛者の男を描く

映画『大いなる自由』が、2023年7月7日(金)より、Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下ほか全国順次公開される。

同性愛を禁じる「刑法175条」愛する自由を求めた男の物語
映画『大いなる自由』は、第二次大戦後のドイツで男性の同性愛を禁じていた「刑法175条」を背景に、「愛する自由」を求めて20余年にもわたり闘い続けた男を描く物語。1871年から1994年までの123年間施行されていた「刑法175条」はナチス時代に厳罰化された刑法で、処罰者は14万人にも及んだという。

映画『大いなる自由』は、2021年カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞を受賞し、2022年アカデミー賞 国際長編映画賞オーストリア代表作品に選出されるなど“静かな衝撃作”として、高い評価を獲得。Bunkamuraは「見過ごされてはならない映画」だとして、初の全国配給を決めた。

終戦後の1945年、恋人と共に投獄された1957年、そして刑法改正が報じられた1968年と、3つの時代を行き来しながら、不条理な迫害の歴史の中で、愛と自由をあきらめずに追い求め続けた男の力強い姿を描く。

映画『大いなる自由』あらすじ
この手に自由を、消せない愛を。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.