くらし情報『こういうの待ってた! 電池の残量を一瞬で知る方法』

こういうの待ってた! 電池の残量を一瞬で知る方法

目次

・電池チェッカーってなんだろう
・①おもちゃが動かなくなった時に便利
・②家電を処分する時に便利
・③お片付けの時に便利
・まとめ
※写真はイメージ

懐中電灯やラジオ、おもちゃや生活用品に欠かせない電池。長く使っていないまま放置されているものなどは「どのくらい使えるのだろう」など、使用可能な電池残量が気になってしまうこともあるのではないでしょうか。

そんな時のお役立ちアイテムとして「電池チェッカー」を紹介してくれたのが、整理収納アドバイザーの野村京子(house_refresh)さんです。

おもちゃが動かなくなった時や電池で動く家電を処分する時、電池がまだ使えるのかどうかがすぐに分かるのはとても便利。とのこと。

さっそく「電池チェッカー」の魅力をご紹介します。

電池チェッカーってなんだろう

こういうの待ってた! 電池の残量を一瞬で知る方法

電池チェッカーは、その名のとおり電池の残量を知りたい時に残りの容量を一瞬で教えてくれる便利アイテムです。

数百円〜2千円程度まで、さまざまなメーカーからいろいろな種類のものが販売されています。

電池チェッカーの使い方はとても簡単。残量を調べたい乾電池を、電池チェッカーに挟むだけです。商品によっては、開閉式のフタを開けてケースにセットし、残量を測るものもあります。

①おもちゃが動かなくなった時に便利

電池チェッカーは、子供のおもちゃが突然動かなくなってしまった時に便利です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.