くらし情報『83年組アイドルが語り合うレコ大、紅白…そして50歳を過ぎてから』

2018年10月15日 11:00

83年組アイドルが語り合うレコ大、紅白…そして50歳を過ぎてから

83年組アイドルが語り合うレコ大、紅白…そして50歳を過ぎてから


――1983年デビューのアイドル、大沢逸美木元ゆうこ桑田靖子小林千絵徳丸純子森尾由美松本明子の7人が35年の時を経て奇跡的なめぐり合わせで集まり、11月19日と20日の2日間、銀座博品館劇場で限定ライブを開催。7人それぞれが83年当時の衣装を着用して、80年代の歌番組『夜のヒットスタジオ』風のセットでデビュー曲を歌う。

桑田由美ちゃん(森尾)が歌うのはアイドル時代以来だから、ファンの方は必見だね。

森尾そうなの。でも、当時の衣装はさすがにもう手元になくて再現だけれど。保管していたのは3人。アッコ(松本)と靖子(桑田)とイッちゃん(大沢)だよね。

松本うん、着られる。でも、怖いものがあるよね(笑)。

小林35年前の衣装を、よく保管していたよね、物持ちいい!

松本35年前といえば、千絵ちゃん(小林)、覚えてる?デビュー1年目が終わる年末に、誓い合ったよね、「私たち、生き残ろうね!」って。

小林1年目が終わると、“アイドルとしてはダメでした”って……そういう空気が漂ってきて、「悔しいね!」ってみんなで言い合ったんだよね。

木元泣けるね。何かの収録のとき?

松本最後の賞レース(日本レコード大賞)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.