くらし情報『観月ありさ16億円新居 居間200畳計画も光熱費300万円で断念』

2019年2月26日 00:00

観月ありさ16億円新居 居間200畳計画も光熱費300万円で断念

それでもかなりの広さになると聞いていますが……」(青山氏の知人)

たしかに建設中の新居には、リビングとおぼしき広々としたスペースが見える。建物も異常なほどの大きさ。戸建てというより、もはやビルだ。さらに車好きな青山氏のこだわりなのだろう。玄関前には車が止めやすいよう、広々としたロータリーのようなスペースが確保されていた。

「完成予想図を見た人は『まるで城のようだった……』と仰天していました。建設工事は5月に終了すると聞いていますが、すべてが規格外。完成すれば、芸能界随一の巨大御殿になりそうです」(前出・青山氏の知人)

土地購入からすでに5年がたつ。こだわりの詰まった“夢の新居”は、果たして今度こそ完成するのだろうか――。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.