くらし情報『80歳の料理研究家「まだ人生花咲く!」前向きでいる理由』

2019年3月14日 06:00

80歳の料理研究家「まだ人生花咲く!」前向きでいる理由

ならば、せめてテーブルの上だけはと思って、いつも箸置きとランチョンマットを手作りして、自分の世界を演出していました。みんな、いろいろ理由をつけてやらないけれど、今できることを探せばいいのよ」

このポジティブな性格は、子どものころからだったと振り返る。

「“陽子”という名前のとおり。勉強はできなかったけれど、明るい子でした。同級生を笑わせるのが大好きだったわね。顔が大きいとか、背が低いとか、それなりにコンプレックスはあったのかもしれないけれど、毎日を楽しむことに忙しすぎて、深く悩む暇なんてなかった」

足が太いことに気づいたのは、50歳になってから。

「遅いでしょう?集合写真に写る自分の姿を見て『あれ?』って(笑)。でも、年をとればなおさら“見てくれ”じゃないし、今はそれさえトークのウリですよ」

いつでも、明るく豪快。けれどその一方で、じつはとても心配性の面があり、そのおかげで今の自分があると自己を分析している。

「学生時代、全日本のシードに入るテニス選手だったんです。でも、練習不足を自覚していて、試合ではいつも不安で仕方なかった。結果も出せなかった。準備がいかに大切か、そのときに学び、本当は気が弱い自分も思い知りました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.