くらし情報『98歳ピアニスト室井摩耶子 反対押し切り90歳超えて叶えた夢』

2019年5月8日 11:00

98歳ピアニスト室井摩耶子 反対押し切り90歳超えて叶えた夢

98歳ピアニスト室井摩耶子 反対押し切り90歳超えて叶えた夢


本誌5月7日号にて、人生100年時代を生き抜くために「元気の秘訣を」教えてくれた大正生まれの女性たち。いつまでもエネルギッシュに活躍する彼女らが、「言い残したことがある!」と語り始めたのは、新時代を迎えるにあたっての、社会、そして女性たちへの“激励メッセージ”だった――。

「私は、人それぞれ、さまざまなものを詰め込む“人生のずだ袋”を持っているってイメージしています。いいことも悪いことも、全部その中に入れて、生きている。年齢を重ねるごとに袋の中は膨らんで、熟成されて、深みが出てくる。そう考えると、悪いことや失敗だって、人生の糧になると思えますよね」

朗らかにほほ笑むのは、最高齢の現役ピアニストである室井摩耶子さん(98)。彼女の“ずだ袋”には、90年以上に及ぶピアノ人生が詰め込まれているという。

「ピアノを習い始めたのは、大正から昭和に時代が変わるころ。昔は、芸事を始めるのは6歳といわれていて、父は『昭和になったのだから、お琴を習うのも』と、ピアノを買ってくれたんです。それが、昭和天皇ご即位を記念したモデルで、譜面台に鳳凰が彫ってあるもの。いまも九州の調律師の方が持っているそうです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.