くらし情報『タテ型ドラム型、どっちが汚れを落とす?洗濯の常識クイズ』

2020年1月20日 11:00

タテ型ドラム型、どっちが汚れを落とす?洗濯の常識クイズ

タテ型ドラム型、どっちが汚れを落とす?洗濯の常識クイズ


「“洗濯機におまかせ”では、衣類はきれいになりません!」

そう語るのは、クリーニング店「LIVRER YOKOHAMA(リブレ ヨコハマ)」の茂木康之さん。茂木さんは兄の貴史さん、友人の今井良さんと3人で“洗濯ブラザーズ”を結成。アーテストの衣装クリーニングのほか、主婦向けに洗濯術を指南している。

プロの視点から見ると、私たちの洗濯の常識にはNG習慣がいくつもあるようだ。今回はそんな洗濯の最新常識を○×形式でおさらい。すべて正解できたらかなりのお洗濯上手だ。

【Q1】洗濯物は脱いだら洗濯機に放り込んでおくほうが、すぐに洗えて便利

正解は×。脱いだ洗濯物を洗濯機に放り込むと、水分をエサにするモラクセラ菌が繁殖し、部屋干し臭のもとに。菌を増やさないためには通気性のよいカゴなどに入れて保管しよう。ただし、長時間放置するのはNG!洗濯物は脱いでから24時間以内に洗うのが理想。

【Q2】タテ型よりもドラム型のほうが洗濯物がきれいになる

正解は×。欧米型のドラム式のシェアが拡大しているが、欧米の水は硬水で汚れが落ちにくく、ドラム型は少ない水量でたたいて汚れを落とす。いっぽう、日本の水は軟水で高い洗浄力があるので、水の力を使いながら洗えるタテ型のほうが汚れがよく落ちる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.