くらし情報『新井浩文被告 被害者と示談成立も厳しい判決になりそうな理由』

2020年10月13日 11:00

新井浩文被告 被害者と示談成立も厳しい判決になりそうな理由

「控訴理由などをつづった『控訴趣意書』が弁護側からマスコミに配布され、50ページ以上にわたって被害者証言の矛盾点を検証していたそうです。ただいっぽうで示談金を支払ったということは、新井被告に非があると認めてしまっていることにもなるでしょう」(司法担当記者)

そんな状況だけに、判決は厳しいものになりそうだという。

「控訴は棄却され、減刑されたとしてもまず執行猶予はつかないでしょう。最高裁に上告したとしても、よほどの新証拠でもないと棄却されるのではないでしょうか」(前出・司法担当記者)

このままだと、新井被告にとって時間と金を浪費するだけになってしまいそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.