くらし情報『「俺は主役になれない男」伊勢谷友介が語っていた“心の弱さ”』

2021年4月23日 18:15

「俺は主役になれない男」伊勢谷友介が語っていた“心の弱さ”

20年9月30日、保釈され謝罪する伊勢谷友介被告。

20年9月30日、保釈され謝罪する伊勢谷友介被告。



「自分がやっていることが違法であるとは認識していましたので、『そういう日が来てしまったんだな』と覚悟しました」

昨年9月に大麻取締法違反の容疑で逮捕された伊勢谷友介(44)は、4月26日発売の『週刊文春CINEMA!』でこう語った。『文春オンライン』によると伊勢谷は逮捕当時を回想し、「留置場の中で絶望を感じ、何をすればよいのか何も分らなくなっていた」などと語ったという。

“違法である”と分かっていながらも、大麻の使用を止めることができなかった伊勢谷。昨年9月、17年にわたって親交があるファッション関係者のA氏は伊勢谷の“心の弱さ”を本誌で指摘していた。

「いつも自信にあふれているように見える男です。しかしときどきこんな言葉を漏らしていました。『俺は主役にはなれない男だから』と……」

さらにA氏は、かつて自身の紹介した女優のBさんが伊勢谷と交際。しかし、彼女から「DVを受けている」との相談を受けたとも明かしていた。

「『暴力を受けているのもつらいし、とても恋人としての扱いをされているとは思えない』と……。彼女の話を聞いてすぐに私は伊勢谷に抗議したのですが、彼は『すみません』と、口で謝るだけで、彼女に対する態度を改めようとはせず、結局Bさんは身を引くことになりました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.