くらし情報『「うちの猫は泥棒です」飼い主が看板を設置した理由とは』

2021年6月16日 18:18

「うちの猫は泥棒です」飼い主が看板を設置した理由とは

かつては飼い主が近所を一軒ずつ廻ってお詫び行脚をしていたという(写真はイメージです)

かつては飼い主が近所を一軒ずつ廻ってお詫び行脚をしていたという(写真はイメージです)



「うちの猫は泥棒です。もしあなたのものがここにあったらどうぞお持ち下さい」──米オレゴン州ビーバートン在住の医師ケイト・フェルメットさんが庭に設置した立て看板が話題となっている。

看板の横には手袋やマスクなどの小物がずらりと並べて吊されている。これらは全て、フェルメット家で飼っている黒猫・エスメが近所から盗んできた“獲物”なのだという。

フェルメットさんはTODAYの取材に応え、エスメが泥棒を働くようになった経緯を語っている。事の起こりは2019年。室内飼いだったエスメは、家中から布の切れ端や人形の服などの細々したものを集めてきては家族に“プレゼント”していた。屋外に散歩に出かけるようになると、ゴミや鳥、ビニールの切れ端などをせっせと拾ってくるようになったという。

「私の母は熱心なバードウォッチャーで、(エスメが鳥を仕留めてくることに)ひどく悩んでいました。そこで鳥以外のものを持ち帰ってきたときに大袈裟に褒めるようにしたんです。それ以来、彼女は何かを持ち帰ってくると、私が『よくやった』と褒めるまで裏口で唸り続けるようになったんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.