くらし情報『携帯扇風機も要注意「充電式グッズの発火」を防ぐ心得』

2021年7月1日 11:00

携帯扇風機も要注意「充電式グッズの発火」を防ぐ心得

携帯扇風機も要注意「充電式グッズの発火」を防ぐ心得


外出先でスマートフォンやモバイルバッテリーなどの電子機器が“電池火災”を招くことがある。充電式のリチウム電池が原因だが、近年増加しているトラブル事例であり、製品評価技術基盤機構(NITE)には次のような報告もされている。

《かばんに入れていたモバイルバッテリーが発火し、製品と周辺を焼損する火災が発生した》

発火した原因は、リチウムイオン電池の中に入っている電解液。危険物に該当するものだ。

「破裂したときのエネルギーも強く、発火につながることもあります。リチウムイオンのパック型電池は外からの衝撃に弱いため、ズボンのお尻側のポケットにスマートフォンを入れたまま尻もちをついてしまっただけでも熱くなったり、ひどいと火を噴いたりすることがあります」(東京消防庁予防部調査課課長補佐の小清水雄二さん)

なんと犬がパック型電池をかむことによる衝撃でも、発熱・発火の危険があるというから気をつけたい。

モバイルバッテリーに関する相談は消費者庁でも増加しており、同庁は《製品本体に強い衝撃、圧力を加えない、高温の環境に放置しないようにしましょう》と警告している。

ますます暑くなるこれからの時季、いっそうの注意が必要だろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.