くらし情報『ロッキン中止で不安高まるフジロック…新潟県医師会は「中止要請ない」』

2021年7月14日 12:20

ロッキン中止で不安高まるフジロック…新潟県医師会は「中止要請ない」

ロッキン中止で不安高まるフジロック…新潟県医師会は「中止要請ない」


7月7日に突如として開催中止が発表され、大きく波紋を呼んだ「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」(以下ロッキン)。開催1カ月前というタイミングで、茨城県医師会が主催者である茨城放送に新型コロナの感染対策に関する要請書を持参。そのことを受けて、「ロッキン」は中止が決定された。

そうした事態を受け、一般社団法人日本音楽事業者協会・一般社団法人日本音楽制作者連盟・一般社団法人コンサートプロモーターズ協会・一般社団法人日本音楽出版社協会の4団体は10日に共同声明を発表。

声明文によると、《政府や各自治体といった行政機関ではないところからライブ中止要請などが出され、その事によってライブを中止せざるを得ない事態が起きています》と茨城県医師会が「ロッキン」に中止要請を出したことに言及。

さらに今年4月30日〜5月2日に開催予定だった「ARABAKI ROCK FEST.20th×21」が直前で中止となったことについても、《宮城県医師会・仙台市医師会・柴田郡医師会の連名で主催者へ開催10日前に中止要請の手紙が届いていました》と地元医師会の要請があったことを明かしている。

そして開催地域の医師会がライブ活動に対して要請を出すことに、次のように異議を唱えたのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.