くらし情報『宮本亞門明かす「かつて憎かった父」への怒りが消えた瞬間』

2021年8月20日 15:50

宮本亞門明かす「かつて憎かった父」への怒りが消えた瞬間

今年6月、父を天国へ見送った宮本亞門さん

今年6月、父を天国へ見送った宮本亞門さん



「人生を一つの“舞台”だとするならば、『親父の役の人生を見事に演じきったね!』とたたえてあげたい。僕にとって彼は誇りです」

そう語るのは、演出家の宮本亞門さん(63)。

今年6月24日に、94歳の父・亮祐さんを天国へと見送った。

亡くなる3日前、亞門さんは父の好物の鰻を持って実家を訪れた。

「喜んで少しは食べていたけれど、ふとしたときに仏像のような半眼で優しく遠くを見つめているんです。まるですべてを受け入れたかのように。このとき初めて、父が死ぬかもしれない、と感じました」

それから父は何も食べなくなり、3日後、眠るように天国へと旅立った。遺言のとおり、葬儀は身内だけで行ったという。

「再婚して家庭もある親父は、『灰はどこにまいてくれてもいい。とにかく金をかけないでくれ』と言っていました。晩年は『終活』を気にしてばかりで」

そのため、初七日も四十九日もせず、墓に納骨したのだという。

■昔は父のことが世の中でいちばん憎かった

「不思議なことに、母が死んだときは上から見守ってくれていると感じたのですが、親父はそこにはいず、人生をやりきったのか、すでに天国で母や友達とイキイキとしている気がしたんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.